でも、掻くとひどくなる

痒みを持った背中ニキビが出来て、掻ける部位が手の届かないところにあると、掻きたくても掻けないジレンマに苛まれます。また掻く炎症部位が拡大していきますので、余計に症状がひどくなります。これを回避するには根本的に掻きむしらない事が重要です。掻きむしると傷口から雑菌が侵入し、そこから余計に炎症が拡大します。また背中ニキビを掻きむしってしまうと、炎症箇所がやがてシミや跡となり一生残ってしまう事もあるのです。例えるなら顔に出来たニキビを思春期の子が癖で潰してしまうのと一緒で、潰してしまったニキビはやがてクレーターのように顔に残り、一生跡が残る事になるのです。そこでニキビの基本は出来るだけ掻きむしらない事と、できるだけ我慢し放置するよう心掛ける事が肝心です。しかしそれでもかゆい時もありますので、そういった時はまず患部の冷却をお勧めします。背中ニキビがなぜかゆくなるのかと言いますと、患部の血流に関係しています。患部の血のめぐりが良くなる事で、ニキビのアクネ菌が暖められ患部がかゆくなるのです。従ってニキビそのものを冷却する事でこの問題を解決する必要があります。冷却といっても冷却スプレーの様なものは使わずに、氷水で浸したタオルなどを患部に当てる事で、かなり症状は和らいでいくはずです。それでも痒みが止まらないのであれば、患部に直接ニキビケアの薬をぬるしかありません。しかも痒みを抑える抗ヒスタミン剤成分の入ったものが望ましいでしょう。背中ニキビが一生跡が残らないようにするには掻きむしらない事は鉄則です。